What-is-Thai-like-background

タイ王国の基礎知識

タイ王国の基礎知識

東南アジアの大陸部、インドシナ半島の中央に位置するタイ王国の面積は約51.3㎡、人口は推
定6790万人ほどと言われています。
首都はバンコクで旅行客に最も人気の場所です。
時差は日本時間から2時間遅れとなっていて、時差の空きが少ないので、時差ボケもあまり起こらないことも気軽に行ける人気の理由です。
旅行先にタイが選ばれる理由として遺跡巡りや、ショッピングが出来るポイントが多くあることが挙げられます。
交通手段は日本では見ることのない、バイクタクシーやトゥクトゥクといった乗り物があり普段の移動から楽しむことが出来ます。
市内に走っている電車は乗り方も簡単で、大きなショッピングモールや空港まで電車が通っていて治安も問題ないため、電車の乗り方さえ分かれば行きたい場所にいつでも行くことが出来ます。
大きなショッピングモールで有名なのが、バンコク市内にある「MBKセンター」。
地上8階建ての売り場面積が89000m2の広さを持つ巨大なショッピングモールで一日かけて楽しめるスポットとして有名です。
バンコクにある週末のみ開かれるマーケットの「チャトゥチャック」は約15.000店ほど出店されている巨大マーケットで一日で回ることは不可能なほど、広さとお店の数々が印象的なスポットです。このようにタイは食事も美味しく、ショッピングや遺跡巡りなど、様々な目的で年代問わず楽しむことが出来る人気の観光スポットです。

タイの気温と気候

タイの気温と気候

赤道から30℃ほどの位置にあるタイの気温は一年中半袖で過ごせるほど気温が高いことが特徴です。季節の分け方として「雨季」「乾季」「暑季」の3つに分かれます。
一年中の暑さの中でも最も強烈な暑さが続くのが「暑季」で、2〜5月と言われています。
40℃近い気温が1〜2ヵ月ほど続いた後に、「雨季」が始まります。
5月中旬から10月にかけて雨季というと日本の梅雨のような雨が降り続けるような天候を想像しますが、タイの雨の降り方は異なります。
いつも通りの晴れやかな天気が続いていると思った急激に叩きつけるような強い雨が降る「スコール」よ呼ばれる現象が起きます。
スコールの特徴として、急激に強い雨が一日中続くことはなく、降って30分〜1時間程度で止むことがほとんどです。
そのため旅行で訪れてもずっと天気が悪い訳ではないので、充分に楽しめます。「乾季」は約10月〜2月ほどの時期で旅行で行くにはベストシーズンと言われるほど、
日頃の暑さとは違い過ごしやすい季節だと言われています。
日中は日本の夏のような照りつける暑さがありますが、夕方にもなれば程よい涼しさがとても心地いいです。

タイの観光スポット

タイの観光スポット

タイには人気の観光スポットが数多くあります。寺院や遺跡が数多くあり、タイの歴史や文化について知れる建物が数多く残っています。
タイの中でも世界遺産認定都市「アユタヤ」は400年にわたってインドシナ半島の中心として栄えた歴史を持ち、タイの歴史を知るには欠かせないスポットになっています。
バンコクにある「カオサン通り」世界中から観光客やバックパッカーが絶えない「タイの下町」として人気が高く、
その理由は宿泊費用が安く、代理店やネットカフェ、レストランなど、若者や観光客が過ごしやすい街並みが人気の一つになっています。
ショッピングに人気なのはバンコクにある「サイアム」で大型ショッピングセンターの「サイアム・パラ権」はブランド店が立ち並ぶフロアを初め、
フードコートに水族館など、老若男女問わずに一日中買い物や遊びを楽しめるスポットになっています。

タイの挨拶

タイの挨拶

観光スポットとして大人気のタイですが、基本の挨拶とはどのようなものなのでしょうか?
タイの言葉には男性と女性で発音や言い方が変わるという特徴があります。
旅行でも使えるよく挨拶をいくつか紹介したいと思います。

①こんにちは、おはよう、こんばんは、さようならなど・・
男性:สวัสดี ครับ (サワディー クラッ(プ))
女性:สวัสดี ค่ะ (サワディー カー)
一日の中で何度も使用する挨拶の言葉です。
タイにはこのように一つの言葉で何通りもの意味をもつ言葉もあります。
もちろん言葉によって違う言い方もありますが、基本的には一つで挨拶全ての役割を果たしてくれます。

②ありがとう
男性:ขอบคุณ ครับ (コップ(pu)クン クラッ(プ))
女性:ขอบคุณ ค่ะ (コップ(pu)クン カー)

③ごめんなさい、ちょっとすみません
男性:ขอโทษ ครับ (コートー(トゥッ) クラッ(プ))
女性:ขอโทษ (コートー(トゥッ) クラッ(プ))
何かを訪ねる際に覚えておきたい言葉です。
いきなり話しかけるより、このようにタイの言葉で伝えた方がお互いが嬉しい気持ちになれると思います。