タイの不思議なペットボトルの飲み方

長く続くエスニックブームにより、アジア諸国がとても身近な存在になっています。
エスニック料理は当然のごとく日本の食文化に浸透し、理解度も深まってきています。
そんなアジア諸国の中でもトムヤムクンやグリーンカレーなどで有名なタイの独特な文化をご紹介します。

どんな国へ行っても買う機会のあるペットボトル飲料ですが、タイではなぜかストローが付いてくるのです。
日本でお弁当に箸が付くように、当たり前に渡されるのです。
タイではペットボトルに入った飲み物でもストローを使って飲むという、不思議な文化があります。
ストローを使う理由は単にマナーだという人もいれば、ペットボトルは誰がどこで触ったのかわからないので不衛生だという人もいます。
衛生管理を信用しきっている日本とは大きく異なりますよね。
缶もストローを使い、缶ビールをストローで飲む人も稀にいるそうです。
顔を上に向けて口に流し込むよりは、ストローの方が断然飲みやすいというのもありますし、口紅が落ちづらいというメリットもあります。
慣れればストローのほうが楽かもしれません。

タイはフルーツが豊富なので、美味しいジューススタンドが沢山あります。
テレビで一度は見たことのある袋入りのジュースはストロー文化の始まりではないかと思います。
その昔ながらのスタイルのジュースがある故に、タイ人は子供の頃からジュースはストローで飲むものとして身についているのでしょう。
郷に入れば郷に従えということで、タイへ旅行の機会があったらぜひストローを使って美味しいドリンクを楽しんでみてくださいね。

Leave a Reply