slide (2)

タイガーデン渋谷店 最新情報

渋谷のこのごろ vol.17『1964年東京オリンピックの渋谷』

2020年の東京オリンピック開幕が約1年後に迫ってまいりました。 開催地である東京の街もオリンピックに合わせて様々な変化が見られます。 前回の開催は半世紀前の1964年、その時は東京の街にどんな変化があったのでしょうか。 東京の街でも特に賑わいの多い渋谷の街並みを振り返ってみましょう。 オリンピックを機に国や街が発展するという話はよく耳にしますが、前回のオリンピックでは街並みはもちろん経済や文化も大きな変貌を遂げました。 1964年はまだ戦後復興の真っただ中でしたが、オリンピック開催に向けてインフラ整備などが急ピッチで進みました。 渋谷にあった在米軍住宅は代々木競技場や選手村に建て替えられたことによって占領統治の面影が消え、高速道路の建設や下水道の整備も一気に進みました。 渋谷公会堂は重量上げの会場としてオープンし、後にコンサート会場として活用されました。 ハチ公前広場もオリンピックに向けての整備が行われ、シンボルとなる噴水が作られました。 以前は目立たない場所に設置されていたハチ公像は噴水の後方に移動され、後に誰もが知るスポットとなったのです。 東横線渋谷駅の改良工事もこの頃に行われました。 今の日本では信じられない事ですが、当時の日本はゴミのポイ捨て、ツバやタン吐きが日常の風景でした。 綺麗な状態で世界からお客様を迎えようと美化運動も活発に行われ、今や日本は世界屈指の美しい国、衛生的な国となっています。 あれから半世紀、2020年のオリンピックに向けて渋谷の街は更に開発が進んでいます。 オリンピックを成功裏に終えられた時、渋谷がどんな街になっているのか今から楽しみです。 ...
続きを読む
| 作成者: | カテゴリ: 渋谷

渋谷のこのごろ vol.16『外国人が注目する渋谷のレジャースポット』

外国人観光客が多く訪れる渋谷、まずはスクランブル交差点で東京の人口密度の高さ、日本人の規律の正しさ、そして大都会東京を体感します。 それだけでも大満足なスポットなのですが、せっかく渋谷まで来たのだから交差点だけではもったいないですよね。 ここで、渋谷で外国人に紹介したいオススメのレジャースポットをご紹介します。 『鍋島松濤公園(なべしましょうとうこうえん)』 江戸時代に紀州徳川家の下屋敷があったエリアで、後に佐賀の鍋島家に払い下げられ茶園として使われていました。 現在は渋谷区が管理しており、池やレトロな水車など、情緒あるのんびりとした公園です。 作り込まれた公園では無い素晴らしさがあり、四季の自然、春には桜も楽しめます。 園内には遊具もありますので、お子様連れにもお勧めです。 『明治神宮』 都内でも有数のパワースポットで、日本人にも人気の場所です。 外国人観光客には神社特有の神秘さを感じられることでしょう。 週末には和装姿で結婚式を挙げるカップルを見られるチャンスも多くあります。 参拝はもちろん絵馬やおみくじなども体験してみると良いでしょう。 『VR PARK TOKYO』 VRを使ったゲーム、アトラクションを存分に楽しめるアミューズメントパークです。 最先端のVRを体験してみましょう。 現在は7種類のアトラクションがあり、80分遊び放題です。 時間で区切った完全入れ替え制のシステムのため、満員の場合はそれ以降の入場となります。 余裕を持って計画できるなら事前予約をお勧めします。 バトル系ゲームやホラー系、バンジーの体験など、楽しいアトラクションが盛りだくさんです。 ...
続きを読む
| 作成者: | カテゴリ: 渋谷

姉妹店であるバンコクスパイス新宿店がタイ国商務省から正式に本場の味を提供するお店として選ばれました!!

この度姉妹店のバンコクスパイス新宿店が本場と同じ味のタイ料理を提供するお店として、タイセレクトというタイ国商務省の運営する機関に選んで頂きました!タイガーデンもタイセレクトに選ばれるよう、更に磨きをかけていきたいと思います! 当店でもバンコクスパイス新宿店同様に本場タイの味を提供しておりますので、是非一度ご来店いただき、本場の味をご賞味いただければと思います! ...
続きを読む
| 作成者: | カテゴリ: 渋谷

渋谷のこのごろ vol.15『渋谷の若者文化の移り変わり』

平成の30年間は世の中が良くも悪くも変化の大きい時代でした。 負の面も多かったですが、どの時代も若者から様々なブームが生まれ、世を動かしてきました。 今や世界的にも有名になった東京渋谷、ここで今年成人を迎えた人たちが生まれた20年前の渋谷の若者文化、そして今の渋谷に集う若者を比べてみましょう。 2000年前後といえばバブル崩壊後の苦しい時代ではありましたが、若者は元気で流行を発信し続けました。 「渋谷109」を中心にギャルと言われる中高生の女の子たちで賑わい始めたのがこの頃です。 特にアムラーと呼ばれる日焼けにロングヘア、ミニスカートに厚底サンダルを履いたギャルたちが沢山いました。 後にその健康的な日焼けではなく度を超えた黒さのガングロギャルが流行り、更にメイクもド派手になってヤマンバと呼ばれるギャルたちが渋谷に集っていました。 一方、男の子はスノーボードが流行していたこともありスノーボードブランドやスポーツ系ブランドのファッションが流行しました。 そして昨今の渋谷といえば駅周辺の再開発も進み、ギャルブームも収束して普段はちょっと落ち着いた街になりつつあります。 もちろん若者文化発信の地であることに変わりはないですし、外国人にも人気で賑わいは以前よりも増しているようです。 イベントごとにドッと若者がどこからともなく集結することが多く、サッカーのワールドカップやハロウィン、新年のカウントダウンなど、年々盛り上がりが増しており、社会問題になりつつあります。 マナーやルールの徹底で、イベント時の渋谷がみんなにとって楽しいものに発展していけばいいですね。 ...
続きを読む
| 作成者: | カテゴリ: 渋谷

渋谷のこのごろ vol.14『渋谷駅の移り変わり』

外国人観光客も多く訪れる、賑わい自体が東京のひとつの景色として世界的に認知されている渋谷の風景、その中心である渋谷駅の新しい駅ビルが“渋谷スクランブルスクエア”として2019年秋に開業します。 渋谷スクランブルスクエアは地上230メートルの高さで渋谷では一番の高さの高層ビルとなり、まさにシンボル的存在となります。 今回は東館の開業、2027年には第二期として中央棟と西棟が完成予定で、合わせるととても大規模な複合施設となります。 どんどん変化していく渋谷ですが、渋谷が発展するきっかけとなったのはやはり渋谷駅です。 現JR山手線渋谷駅が開業したのは1885(明治18)年、もちろん最初から利用客が多かったわけではありませんが少しずつ賑わってきました。 明治の後期には複数の路線が渋谷駅に集まり始め、昭和に入ると現東急横線や現東京メトロ銀座線が乗り入れし、更に賑わいが増しました。 1934(昭和9)年には今でいう駅ビル、関東では初の私鉄直営のターミナルデパート“東横百貨店”が開業し、東横線の駅舎はその2階に含まれていました。 その後、まだ記憶に新しい“東急百貨店”として営業し、2013(平成25)年に営業を終了しました。 そして“渋谷駅周辺開発プロジェクト”として新しい駅ビルである渋谷スクランブルスクエアが2019年に開業します。 この大規模再開発によって渋谷の景色が大きく変わるとされ、賑わいはもちろん利便性も良くなります。 駅ビル全体の工期とされる2027年頃にはどんな街になっているのか、今から楽しみですね。 ...
続きを読む
| 作成者: | カテゴリ: 渋谷

タイガーデン渋谷店 店舗案内

郵便番号
〒150-0042

 

住所
東京都渋谷区宇田川町24-10 B1

 

アクセス案内
渋谷駅ハチ公口から徒歩3分
渋谷駅から382m

 

電話番号
03-5428-4122

 

営業時間
[月~金] 11:30~15:00(L.O.14:45)17:00~23:00(L.O.22:00)
[土・日・祝] 11:30~24:00(L.O.23:00)